花言葉の歴史や種類

■花言葉の歴史

花言葉は、17世紀にオスマン帝国(トルコ)の首都イスタンブル(コンスタンティノープル)で付けられ始めるようになったとされる。当時のイスタンブルの社会では、チューリップをはじめ様々な花が愛好されていた。
花言葉はヨーロッパには、二人の人間によって紹介された。一人は当時、英国のコンスタンティノープル駐在大使夫人であったメアリー・W・モンタギュー(Mary Wortley Montagu, 1689年 - 1762年)で、彼女によって1717年に英国へ花言葉は伝えられた。もう一人はヨーロッパからアジア、アフリカなどを旅行してまわり、トルコには4年間滞在したオーブリー・ド・ラ・モトレイ(Aubry de La Mottraye, 1674年 - 1743年)で、1727年にスウェーデン王カール12世(1682年6月17日 - 1718年11月30日)の宮廷に招かれた際に花言葉を紹介した。

その後、1819年12月にシャルロット・ド・ラトゥール(Charlotte de Latour)が著わした Le Langage des Fleurs (『花の言葉』[1]花言葉)により、フランスでは1810年から1850年にかけて花言葉が流行した。これをはじめとして、英国では1820年から1880年のヴィクトリア朝時代、アメリカでは1830年から1850年代に花言葉が流行し、さらに花言葉はベルギーやドイツなどの他のヨーロッパ諸国や南アメリカへと広まっていって、現代のように世界的に広く知られるに至った。


■花言葉の種類

花言葉は、国や民族、言語ごとに異なったものがつけられる。それぞれは各民族が持つ神話や伝説などの伝承や歴史や風習、書物による故事来歴、宗教などから生まれたため、同じ種類の草花であっても国や民族によって異なる意味を持つことが多く、加えて花の色によっても異なる。
現代の日本においては、外国からの移入の経緯などにもよって数多くの花言葉が存在する。その中で、日本花普及センターは花の愛好を普及させる目的で、親しみやすく、イメージの悪い言葉を避けたものを新しい花言葉として選び、花言葉の普及に努めている。
Sponsored Link
花言葉ランキング
花言葉ランキング
最近の記事
(03/30)アジサイ(紫陽花)の花言葉は「無情」「移り気」「高慢」「浮気」「辛抱強い愛情」
(03/30)桜(サクラ)の花言葉は「純潔」「精神美」「淡泊」「優れた美人」
(03/30)タンポポ(たんぽぽ)の花言葉は「真心の愛」「神のお告げ」「愛の神託」「思わせぶり」
(03/30)シロツメクサ(クローバー)の花言葉は「幸福」「幸運」「約束」
(03/30)菜の花(ナノハナ)の花言葉は「競争」「快活」「活発」
(03/30)ヒヤシンスの花言葉は「悲哀」「スポーツ」「嫉妬」「ゲーム」「遊び」
(03/30)ジャスミンの花言葉は「素直」「清純」「無邪気」「可憐」「優美」「温情」
(03/30)青いバラ(薔薇)の花言葉は「奇跡」「神の祝福」「夢かなう」
(03/25)365日の誕生花一覧
(03/25)ラナンキュラスの花言葉は「魅力的」「美しい人格」「可愛らしさ」「晴れやかな魅力」「移り気」「魅力ある金持ち」「名誉」「名声」「光輝を放つ」「あなたは魅力に満ちている」
(03/23)カーネーションの花言葉は「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」
(03/23)5月10日の誕生花はカーネーション
(10/02)11月22日の誕生花はポインセチア
(10/02)ポインセチアの花言葉は「祝福」「清純」「私の心は燃えています」「聖なる願い」
(10/02)コスモス(秋桜)の花言葉は「真心」「乙女の純潔」「乙女の真心」「乙女の愛情」
(10/02)シクラメンの花言葉は「内気」「はにかみ」「嫉妬」「遠慮がち」「疑いを持つ」
(10/02)チューリップの花言葉は「博愛」「思いやり」「名声」「恋の宣言」
(11/25)花言葉の歴史や種類
(10/21)クロトンの花言葉は「妖艶」で11月1日の誕生花
(10/21)11月1日の誕生花はクロトン
サブコンテンツ
相互リンク集
プライバシーポリシーと連絡先
Powered by さくらのブログ
Sponsored Link
特集記事
カテゴリ
フラワーギフトを探す

・クリスマスのフラワーギフトを探す
 → 楽天市場最安店

・母の日ギフトを探す
 →  楽天市場最安店

・敬老の日ギフトを探す
 →  楽天市場最安店

・その他フラワーギフトを探す
 →  楽天市場最安店

365日の花言葉管理人

花言葉

管理人の松原です。

長年の生花店勤務の知識を生かし、花言葉や誕生花など、お花に関する情報をお伝えしております。